文書と写真・地図による「記憶」の再現

伏水街道の橋 その2



伏水街道の橋(ふしみかいどうのはし)その2 2008年12月22日訪問

画像
伏水街道の橋 市立一橋小学校に保存されている一ノ橋

 東大路通に面する万寿寺の山門前から側道を下り、再び伏見街道の本町通に戻る。鴨川を越えて九条通と東大路通を結ぶ陸橋の下にはかつて伏水街道に架けられていた二ノ橋の親柱が残されている。 この伏水街道の橋については、既に伏水街道の橋の項で書いている。前回の訪問の時にはJR奈良線の東福寺駅の北にある一ノ橋の跡を見ていなかったので、今回はその場所の確認と一ノ橋の親柱が保存されている京都市立一橋小学校のグランドを再度訪問する。

画像
伏水街道の橋 寶寿寺
画像
伏水街道の橋 寶寿寺 一ノ橋の跡
画像
伏水街道の橋 寶寿寺 一ノ橋の跡を示す碑が建つ

 伏水街道の橋とは、東山から流れ出でる小川が伏見街道を越えて鴨川に合流する場所にある架けられた橋である。いつの時代からか四つの橋を、北側から一ノ橋、二ノ橋、三ノ橋そして四ノ橋とよばれるようになった。
Tenkeiさんの公式HP 河の行方 に掲載した 伏見街道の四河川 で、既に暗渠になってしまった2本の川と三ノ橋川の流路を記している。現存する三ノ橋と四ノ橋の位置は分かるとしても、既に元の場所に存在しない一ノ橋と二ノ橋の場所を特定する上で、この流路調査は非常に参考になる。

画像
伏水街道の橋 一ノ橋

 一ノ橋はJRと京阪電鉄の東福寺駅より200mほど北、現在の本町11丁目にある清涼山寶寿寺の北側に架けられていた。この地に建つ京都市の駒札によると、川沿いの地にあった堂宇は橋詰堂とも呼ばれていたようだ。
宝永3年(1706)聖空によって中興され、寺名を寶樹寺と改めている。本堂には本尊の阿弥陀如来立像及び薬師如来座像を安置している。この薬師如来座像は、俗に子そだて常盤薬師と呼ばれ、常盤御前が今若、乙若、牛若の3児の生長を祈願した像と伝えられている。境内には、常盤御前雪除けの松と呼ばれる残株があり、常盤御前が大和へ逃れる際、この地の老松の下で、しばし雪の降るのを避けたと伝えられている。常盤御前についての記述は、天明7年(1787)に刊行された拾遺都名所図会にも常盤宅地として残っている。
     泉涌寺落橋の北、半町許にあり。義朝亡びて後常盤御前漂泊しける時、遂に其美艶を賞して平相国入道が妾となれり、かの六波羅の館近がゆへに此所に住しめ置しならん、其地今薮となす

 この寶寿寺の北側には、伏水街道一之橋旧趾の碑が建てられている。フィールドミュージアム京都の説明から、一ノ橋川は今熊野川という名称であったこと、明治2年(1869)本町11丁目と改称されるまでは一之橋町という地名であったこと、この地が愛宕郡と紀伊郡との境界とされていたことが分かる。京都北山アーカイブスの旧一号書庫写真資料の中に、この一ノ橋の写真が残されている。写真に写る橋の親柱には、伏水街道第一橋の文字がはっきりと見える。また社の屋根のように見えるものは、現在もこの地に残る瀧尾神社のものと思われる。先の拾遺都名所図会にも瀧尾社として下記のように記されている。
     大和大路一橋南爪にあり。祭神藤杜の属社なり、額、瀧尾社、篆字。例祭六月廿二日

このように橋の北西側から撮影したものならば、左手側が東山で今熊野川が右に流れていくこととなる。同じ京都北山アーカイブスの撮影鑑二に収蔵されている写真から、この一ノ橋の長さはそれ程でなくてもかなり大掛かりな工事で造られた橋であることが分かる。先の旧一号書庫写真とこの写真を合わせて考えると、右手に写っている白い壁は現在の寶寿寺のものであろう。一ノ橋の親柱は市立一橋小学校のグランドに保存されている。 既に暗渠となった一ノ橋川、瀧尾川あるいは今熊野川は、泉涌寺より東大路通を越え大谷学園大谷高等学校の南を蛇行し泉涌寺通を跨ぐ路地が昔の河川の名残を示している。

画像
伏水街道の橋 保存されている二ノ橋

 二之橋の親柱は九条通の陸橋の下に保存されている。保存環境としては恵まれているが、日の当たらない場所に置かれて可哀相な状況でもある。この親柱には、二ノ橋川が昭和3年(1928)に都市計画によって廃川となったので記念とし永久に保存するという意味の言葉が刻まれている。発起人総代は本町15丁目の清水茂吉と本町14丁目の久保庄吉とあることから、この九条通の高架橋の近くにあったものをこの場所で保存されたことが推測できる。さらに現在の本町14丁目・15丁目が九条通の南側にあることが、橋の元の位置を絞り込むヒントとなるかもしれない。ともかく東福寺境内を西に向かい、伏見街道手前で北に折れ、北門前にある石橋の下を流れていた。おそらく九条通の手前を西に折れ、伏見街道の二ノ橋の下を流れ、鴨川に注いでいたと思われる。
 京都北山アーカイブスの旧一号書庫写真資料の中に、二ノ橋の写真も残されている。石橋の形状はアーチ式で真円が空けられている。この形は三ノ橋より四ノ橋に似ている。

画像
伏水街道の橋 二ノ橋の親柱

「伏水街道の橋 その2」 の地図


大きな地図



伏水街道の橋 その2 のMarker List

No. 名称 緯度 経度
01  伏水街道 第一橋 34.9838 135.7712
01  伏水街道 第一橋跡 34.9827 135.7703
02  伏水街道 第二橋 34.9806 135.7704
03  伏水街道 第三橋 34.9766 135.7707
04  伏水街道 第四橋 34.9535 135.7712

「伏水街道の橋 その2」 の記事

「伏水街道の橋 その2」 に関連する記事

「伏水街道の橋 その2」 周辺のスポット

    

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2011年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿