文書と写真・地図による「記憶」の再現

アーカイブ:2020年 9月

烏帽子岩

 

烏帽子岩(烏帽子岩) 2010年9月18日訪問 烏帽子岩 叡山電鉄鞍馬線の貴船駅から貴船神社を目指し京都府道361号上黒田貴船線をさらに北上する。蛍岩、梅宮社そして白石社に次いで烏帽子岩と呼ばれる石が貴船川東岸に現われる。丁度、川床料理旅館の貴船べにやを通り過ぎたあたりである。 烏帽子岩と呼ばれる景勝の地は全国に数か所あるが、いずれも烏帽子に似た形状から名付けられたものである。その中でも神奈川県茅ヶ崎市の沖合にある姥島は、サザンオールスターズの歌詞に出てくることから有名である。沖合1200mにある東西600m、南北400m、高さ20m余りの無人の岩礁群は、烏帽子岩という愛称と共にこの地域の シンボルとなっている。貴船川のほとりにある烏帽子岩は姥島と比べればかなり小振りの「石」である。その語源となって… ►続きを読む

 

白石社

 

白石社(しらいししゃ) 2010年9月18日訪問 白石社 叡山電鉄鞍馬線の貴船駅から京都府道361号上黒田貴船線を北上する。貴船神社に向かう途中に、蛍岩、梅宮社に次いで貴船神社の末社 白石社がある。梅宮社から凡そ900m、京都バス33系統貴船口駅―貴船の梅宮橋バス停前の貴船川東岸に位置する。川床料理旅館の貴船べにやの手前と言った方が分かりやすいかもしれない。 白石社の御祭神は下照姫命。例祭は梅宮社と同じ10月15日。「古事記」では本名を高比売命(たかひめのみこと)、別名を下光比売命、下照比売命(したてるひめのみこと)、「日本書紀」では下照姫あるいは高姫、稚国玉(わかくにたま)記述されている。 下照姫命の父は大国主神、母は多紀理毘売命。兄には阿遅鉏高日子根神がいる。「古事記」や「日本書紀」正伝によれば… ►続きを読む

 

梅宮社

 

梅宮社(うめみやしゃ) 2010年9月18日訪問 梅宮社 叡山電鉄鞍馬線の貴船駅から京都府道361号上黒田貴船線を北上し貴船神社に向かう途中、蛍岩から凡そ250m歩くと今度は末社の梅宮社が道路の右手側に現れる。傍らには、貴船神社末社 梅宮社と記された駒札があるのでほぼ見落とすことはない。お社の周囲もきれいに砂利敷きとなっており玉垣も朱色が映えていることから、近年整備されたのであろう。 梅宮社 近年擁壁整備が行われたようで高台にお社はあった左手奥に梅ノ宮橋が見える 梅宮社の御祭神は木花之佐久夜毘売。安産の神で例祭は10月15日。「古事記」では本名を神阿多都比売(かむあたつひめ)、別名を木花之佐久夜毘売とされ、「日本書紀」では神吾田津姫あるいは神吾田鹿葦津姫(かむあたかあしつひめ)、別名を木花開耶姫と表… ►続きを読む

 

蛍岩

 

蛍岩(ほたるいし) 2010年9月18日訪問 蛍岩 叡山電鉄鞍馬線の貴船駅から京都府道361号上黒田貴船線を北に200メートル進むと府道と貴船川の間に朱塗りの玉垣と大きな岩が現れる。傍らに建てられている駒札には以下のように記されている。 蛍岩(蛍の名所)もの思へば 沢の蛍も わが身より   あくがれ出づる 魂かとぞ見る木船川 山もと影の夕ぐれれに   玉ちる波は 蛍なりけり 平安時代の女流歌人・和泉式部が貴船神社に参詣し、蛍の歌を詠みました。それから千年後の現在も、六月中ごろからこの付近一帯で、蛍の乱舞が見られます。 ここでは蛍岩と紹介しているが、安永9年(1780)に刊行された「都名所図会」では下記のように蛍石と記している。 蛍石は木船くらまの落合川より南にして、■にあり。和泉式部夫の保昌とかれぐにな… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿