文書と写真・地図による「記憶」の再現

タグ:平安京

京都御苑 その他の邸宅 その4

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく)その4 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 その4 九條池と拾翠亭 左京二条四坊一町  京都御苑 その他の邸宅 その3に続き二条の北側の町の変遷を見て行く。  現在の京都御苑の西南角にあたり、閑院宮邸跡のある町。この町には近院あるいは石井と呼ばれる邸宅があった。「拾芥抄」には下記のように記されている。 石井  同(中御門南)東洞院東 重信公家内記井 中御門南 東洞院東     悪所云云 号院井云云近院  春日北烏丸東 号松殿 左大臣能有公家    今松殿或押四分一  ただし、拾芥抄の東京図では石井を「中御門南 東洞院西」に、その東に内記井を描いているため、本文の記述が誤っていると思われる。この近院は、もともと文徳天皇皇子で… ►続きを読む

 

京都御苑 その他の邸宅 その3

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく)その3 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 その3 桜町 左京一条四坊十二町  京都御苑 その他の邸宅 その2に続き左京一条四坊の変遷を見て行く。  藤原道長の妻・源倫子の鷹司殿の所在地。「延喜式 巻四十二(九絛家本)」の付図には「鷹司殿」、「拾芥抄」には、「鷹司殿 同(土御門南)万里小路東 従一位倫子家 或富小路」と記され、東京図にも「京極殿」の西側に「鷹司」とある。源倫子は非常に長命で天喜元年(1053)90歳で死去している。道長の死後、この邸宅で70歳の祝賀会を開いている。 京都御苑 その他の邸宅 その3 大宮御所 左京一条四坊九町  近江守藤原惟憲の邸宅が所在した地。陽明門大路(近衛大路)に面していたことから陽明門… ►続きを読む

 

京都御苑 その他の邸宅 その2

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく)その2 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 その2 蛤御門 左京一条三坊十六町  京都御苑 その他の邸宅に続き左京一条三坊と四坊の町の変遷を見て行く。  平安時代後期、この町には藤原家成の邸宅があり三男の成親に伝領されている。藤原成親は安元3年(1177)に起きた鹿ケ谷の陰謀に連座し備前国に配流され、同年7月9日に食物を与えられず殺害されたとされている。この事件以後、邸宅は後白河法皇の所有するところとなり、左大臣藤原経宗が賜っている。 また「平安京提要」によると、崇徳上皇の御所として使われている。「兵範記」の久寿2年(1155)7月24日の条の「于時、宮中御門東洞門院太上天皇御同宿也」や同年12月1日の条の「今夕皇嘉門院… ►続きを読む

 

京都御苑 その他の邸宅

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく) 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 京都御所の宜秋門 左京北辺四坊二町 2014年10月8日撮影  小一条第を始めとし、枇杷殿まで、京都御苑内にあったと考えられる平安時代初期から鎌倉時代までの貴族の邸宅跡について書いてきた。既に京都御所 その3でも説明したように、平安京の造営はまず大内裏から始められ、続いて市街の造営を進めたと考えられている。都の中央を南北に貫く朱雀大路の北には皇居と官庁街を含む大内裏が設けられ、その中央には大極殿が造営された。大極殿の後方東側には天皇の住まいとなる内裏が設けられている。この平安京の大内裏の構造と位置については京都市埋蔵文化財研究所の公式HPに掲載されている平安宮散策マップを参照すると分… ►続きを読む

 

平安京の条坊 その2

 

平安京の条坊(へいあんきょうのじょうぼう)その2 平安京の条坊 平安神宮 2008年5月12日撮影  GoogleMap上に平安京の条坊を復元するためには、各坊の頂点の緯度経度を求めることとなる。しかし後述するように造営方位の座標変換が必要となるため、下記の手順で座標変換を行った後に一括して緯度経度に変換することとした。      1 朱雀大路心と四条大路南築地心の交点を       原点とした造営尺座標系の条坊     2 造営座標系からメートル座標系への変換     3 造営方位の回転移動     4 平面直角座標系への変換     5 緯度経度の算出  まずは朱雀大路心と四条大路南築地心の交点を座標の原点とした各坊の頂点を造営尺系で作成する。「延喜式」の京程には大路小路の幅員が記述され… ►続きを読む

 

平安京の条坊

 

平安京の条坊(へいあんきょうのじょうぼう) 平安京の条坊 平安神宮 2008年5月12日撮影  嵯峨野の町並み その6から、京都御所 その3にかけて、葛野郡、乙訓郡、紀伊郡そして愛宕郡の条里プランと平安京の条坊について書いてきた。大体の大きさと位置を再現してみるつもりで作成したため、地図(GoogleMap)に落としてみると、かなりズレが生じていることに気がついた。勿論当初は軽い気持ちで作り始めたのだが、いざ出来上がると今度は精度も気になってくる。特に京都の中心部の平安時代の遺跡について考える時、もう少し精度の良い条坊の再現を行わなければならないと感じた。しかし地図を作り直す時間が取れずにそのまま放置してきたのが実状である。2014年の旅行も終え、現在書いている2010年の京都御苑の中でもか… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿

  • 梅宮社
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 蛍岩
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鉄輪掛石
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 足酒石
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鬼一法眼之古跡
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 石寄大明神
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 梶取社
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
    梶取社(かじとりしゃ) 2010年9月18日訪問梶取社貴船神社一の鳥居と梶取橋鞍馬街道(府道38号 […]
  • 貴船
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鞍馬
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • ブログの引越しについて
    In 201001、京都洛中、徘徊の記憶
    ブログの引越しについて(ぶろぐのひっこしについて)徘徊の記憶│Haikai no […]