文書と写真・地図による「記憶」の再現

アーカイブ:2010年 1月

新日吉神宮

 

新日吉神宮(いまひえじんぐう) 2008年05月16日訪問 新日吉神宮 楼門  耳塚の面する正面通を東に進み、豊国神社の鳥居を南に下る。京都国立博物館と蓮華王院の間を通る七条通を東に進むと東山七条の交差点に出る。左に豊国廟参道、右に新日吉神宮の石碑が建つ妙法院門跡と智積院の間の道は、京都女子大学そして豊国廟へと続く坂道となっている。新日吉神宮は、150メートル位進んだ智積院の境内の先に位置する。 新日吉神宮 豊国廟への参道入口 新日吉神宮 豊国廟への参道入口  新日吉神宮の祭神は山王七神と後白河上皇とされている。山王七神とは大己貴命、大山咋神、大山咋神荒魂、菊理姫命、田心比売命、賀茂玉依比売命、賀茂玉依比売荒魂、などの七神である。 蓮華王院の項でも触れたように、三条殿が焼き討ちされた後白河上皇… ►続きを読む

 

耳塚

 

耳塚(みみづか) 2008年05月16日訪問 耳塚  豊国神社の鳥居を潜り石段を下ると、目の前に正面通と呼ばれる広い道が現れる。この大和大路通から本町通の間は中央分離帯もあり、立派な通りとなっている。しかし道幅のある部分はあまりにも短いため、豊国神社前の広場という風情である。ちなみに本町通は五条通から始まり伏見区内で直違橋通となり、国道24号につながる、かつての伏見街道でもある。 豊国神社から左手角、すなわち正面通の南に耳塚公園が見える。この公園の西側に耳塚がある。寄進者と思われる名前の入った石柵で囲まれたおよそ25メートル四方の敷地には、円墳のように盛土がなされ、その頂部には五輪塔が建てられている。ここは豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、討ち取った朝鮮及び明国兵の耳や鼻を削いで持ち帰ったものを葬った… ►続きを読む

 

方広寺

 

方広寺(ほうこうじ) 2008年05月16日訪問 方広寺 12本の柱を持つ巨大な鐘楼  豊国神社の鳥居と唐門を結ぶ参道の途中から北側に歩いていくと方広寺の境内へ入って行く。どこまでが豊国神社でどこからが方広寺かが良く分からない。 方広寺は天台宗山門派の寺院で文禄4年(1595)豊臣秀吉によって創建されている。方広寺の歴史は豊臣家の大仏造営の歴史でもある。天正14年(1586)秀吉は奈良の東大寺に倣って、京の地に大仏の建立を計画した。既に永禄10年(1567)松永久秀が引き起こした東大寺大仏殿の戦いの兵火により東大寺大仏殿は平重衡の時以来二度目の焼失に遭い、大仏も頭部を失っている。当時より補修も行われたが、戦国の争乱で十分な資金も集まらず、大仏殿には手がつかず頭部を銅板で仮補修した程度で雨ざら… ►続きを読む

 

豊国神社

 

豊国神社(とよくにじんじゃ) 2008年05月16日訪問 豊国神社 鳥居  蓮華王院の境内を出て、京都国立博物館の前を通りながら大和大路通を北へ進む。博物館の北側には、石段の上に豊国神社の大きな石の鳥居が建ち、その正面の道路は広場のように開けている。 豊国神社 唐門に置かれた千成瓢箪の馬印  慶長4年(1599)豊臣秀吉の死去に伴い、阿弥陀ヶ峰に埋葬される。その麓に方広寺の鎮守社として豊国社と豊国廟が建立され、後陽成天皇から正一位の神階と豊国大明神の神号が贈られ鎮座祭が盛大に行われる。現在の豊国廟の石段の始まる場所に約30万坪の広さの太閤坦を造成し、豊国廟と豊国社が造営された。しかし慶長20年(1615)大阪夏の陣の終結と共に豊臣宗家が滅亡する。徳川幕府により神号が廃され、社領は没収、社殿は… ►続きを読む

 

蓮華王院

 

天台宗蓮華王院(れんげおういん) 2008年05月16日訪問 蓮華王院 三十三間堂  智積院を出て、京都国立博物館とハイアットリージェンシー京都の間を西に進むと、七条通の南側に蓮華王院が現れる。大和大路通の角から境内に入る。 蓮華王院は、智積院の北側に位置する天台宗南叡山妙法院の境外寺院であるため、山号がない。また、広く三十三間堂と呼ばれているのは、蓮華王院の本堂内陣の柱間が33あるという建築的な特徴からきている。この33という数字は観音菩薩の変化身三十三身にもとづいて決められている。ちなみに建物外部の柱間は35となる。 この地にはもともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。後白河天皇は大治2年(1127)鳥羽天皇の第四皇子・雅仁親王として生まれる。久寿2年(1155)第一皇子であ… ►続きを読む

 

智積院 その2

 

真言宗智山派総本山智積院(ちしゃくいん) その2 2008年05月16日訪問 智積院 庭園  東大路通から増田友也設計の智積院会館を右手に見ながら境内に入る。二本の柱に横木を渡した冠木門を潜り、拝観受付所を過ぎると正面に金堂が現れる。この金堂は宗祖弘法大師の生誕1200年記念事業として昭和50年(1975)に建設されたものである。もとの金堂は元禄14年(1701)智積院第10世専戒僧正が発願し、 5代将軍綱吉の生母である桂昌院より与えられた金千両を基に寄付を集め、宝永2年(1705)に建立されたものであった。しかし明治15年(1882)の火災により焼失している。 智積院 庭園 中央の大きな立石の左側に滝が造られている  智積院で触れたように、複雑な歴史と思惑によって成立した智積院ではあるが、秀… ►続きを読む

 

智積院

 

真言宗智山派総本山智積院(ちしゃくいん) その1 2008年05月16日訪問 智積院 金堂  並河靖之七宝記念館から、神宮道に出る。平安神宮の大鳥居に向かい進むと京都市営バス 京都会館美術館前停留所が現れる。ここから京都市営バス100号に乗り、東山七条に向かう。京都国立博物館の裏側で下車し、交差点を渡り智積院の総門の前に立つ。拝観者は総門の南側にある二本の柱に横木を渡した冠木門から入ることとなる。 智積院は真言宗智山派総本山智積院で、山号を五百佛山(いおぶさん)、寺号を根来寺という。真言宗智山派には有名な成田山新勝寺、金剛山金乗院平間寺(川崎大師)、高尾山薬王院など3つの大本山と高幡山明王院金剛寺(高幡不動尊)と大須観音寶生院の2つの別格本山がある。 智積院 東大路通に面する総門  智積院の… ►続きを読む

 

並河靖之七宝記念館

 

並河靖之七宝記念館(なみかわまさゆき しっぽうきねんかん) 2008年05月16日訪問 並河靖之七宝記念館  佛光寺本廟の山門を出て、粟田神社からの道を再び戻る。粟田神社の感神院新宮の額がかかる石造りの鳥居の前から三条通へと続く参道を抜け、三条通を西に進む。白川の手前を北側に入ると並河靖之七宝記念館が左手に現れる。 並河靖之七宝記念館 外観 京格子と虫籠窓 並河靖之七宝記念館 主屋 池が床下に流れ込んでいく  明治大正期を代表する七宝作家・並河靖之は江戸時代末期の弘化2年(1845)武蔵国川越藩の藩士高岡九郎右衛門の3男として京都柳馬場に生まれる。その後、安政2年(1855)青蓮院宮侍臣並河靖全の養子となり、養父亡き後は家督を相続し青蓮院宮近侍となる。靖之は明治6年(1873)頃より中国七宝焼… ►続きを読む

 

佛光寺本廟

 

佛光寺本廟(ぶっこうじ ほんびょう) 2008年05月16日訪問 佛光寺本廟  粟田神社の急な参道を下り、青蓮院から来た道をさらに東に入ると道幅は次第に細くなる。この道の右側に佛光寺本廟の山門が現れる。 佛光寺は下京区高倉通仏光寺下ル新開町にある真宗佛光寺派本山。山号は渋谷山。佛光寺の公式HPによるとその起源は、越後に流罪にされた親鸞が、赦免の翌年建暦2年(1212)に京都に戻り、山科の地に草庵を結んだことに始まる。真宗開闢の根本道場を意味して、興隆正法寺と号していた。この後、親鸞は弟子の真仏に任せ、関東での布教活動に旅立ったとされている。 元応2年(1320)第七世了源により、教化活動の拠点を旧仏教の盛んな京都東山に移すべく、山科から今比叡渋谷(現在の京都国立博物館の辺り)に寺基を移す。こ… ►続きを読む

 

粟田神社

 

粟田神社(あわたじんじゃ) 2008年05月16日訪問 粟田神社 鳥居には旧社名の感神院新宮の額がかかる  青蓮院の長屋門と楠を見ながら、再び神宮道を北に向かう。三条通に出る手前を東に入り、京都市立白川小学校を過ぎると三条通から続く粟田神社の参道に出会う。主座 素戔嗚尊、大己貴命(大国主命の若い頃の名前)左座 八大王子命右座 奇稲田媛命、神大市比賣命、佐須良比賣命旧社名は、感神院新宮、粟田天王宮と称されていたが、明治になり粟田神社と改称された。 粟田神社 鳥居の先にある狛犬 この先参道は2段続く 粟田神社 鍛治社 駒獅子の左手前にある 粟田神社 鍛治社 社の右側にある石碑  粟田神社の公式HPに掲載されている創建由緒では、2つの説が併記されている。 貞観18年(876)の春、「この年隣境に兵災あ… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2010年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿