文書と写真・地図による「記憶」の再現

アーカイブ:2013年 8月 03日

立命館草創の地

 

立命館草創の地(りつめいかんそうそうのち) 2009年12月10日訪問 立命館草創の地  頼山陽書斎山紫水明処の道標に従い丸太町通より新三本木町に入り込んだ。現在では、どこにでも見かけることの出来る普通の住宅街だが、開町からの歴史を眺めると実に奥深い町であったことが分かる。頼山陽書斎山紫水明処では山紫水明処へ導く道標を建立した人物について記した。新三本木の町並みとその2では、町の形成から、この町に住んだ秋月悌次郎について触れた。山紫水明処では内部の見学もしないのに、その5までを使い、山紫水明処についてはもちろん、頼山陽の生涯とその系譜、さらには山陽の転居歴について書いてみた。また吉田屋・清輝楼・大和屋とその2では、nakaさんのブログ「よっぱ、酔っぱ」に掲載されていた「吉田屋・清輝楼・大和屋… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2013年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿