文書と写真・地図による「記憶」の再現

カテゴリー:200805

建勲神社

 

建勲神社(たけいさおじんじゃ) 2008年05月19日訪問 建勲神社 拝殿  大徳寺の塔頭・高桐院を後にして船岡山を目指す。玉林院、龍光院、大光院の前を通り、北大路通に出る。北大路通を南側に渡り船岡東通を南に下る。住宅街の中を進むと右側から船岡北通、左から建勲通が合流する角に建勲神社の鳥居が建つ。 建勲神社 船岡東通に建つ石標  天下統一の大事業とともに朝儀復興を進めた織田信長の偉勲とを称え、明治2年(1869)明治天皇による健織田社の創建が決定する。翌明治3年(1870)織田信長の子孫で天童藩知事織田信敏の東京邸内と旧領地の山形県天童市に建勲社が造営されている。明治8年(1875年)別格官幣社に列格している。この船岡山の頂上東側に建勲神社の社殿が建立され、東京より遷座されたのは明治13年(… ►続きを読む

 

大徳寺 塔頭

 

大徳寺 塔頭(だいとくじ たっちゅう) 2008年05月19日訪問 大徳寺真珠庵  大徳寺には現在22の塔頭がある。茶の湯の楽しみ に掲載されている大徳寺 諸堂 塔頭を見ると大徳寺の塔頭の変遷の激しさがよく伝わってくる。この内で常時公開されている塔頭は、龍源院、瑞峰院、大仙院、高桐院の4か院で、黄梅院、真珠庵、聚光院、総見院、芳春院、興臨院、孤篷庵などは期日を限って特別公開される場合もある。 大徳寺龍翔寺 山門 「大徳寺 諸堂 塔頭」で別山として扱われている寺院 ■21 龍翔寺  瑞鳳山萬歳龍翔禅寺。南浦紹明(円通大応国師)の開山。南浦紹明は、大徳寺開山宗峰妙超の師にあたり、筑前国興徳寺、博多崇福寺、万寿寺そして建長寺の住持となっている。後宇多天皇が円通大応国師の没後その徳を慕って、延慶2年(1309)西… ►続きを読む

 

大徳寺 高桐院

 

大徳寺 高桐院(こうとういん) 2008年05月19日訪問 大徳寺高桐院 客殿南庭  大仙院を出て、法堂から孤蓬庵をつなぐ東西道を西に進む。総見院の前を過ぎて、南に入ると右手に高桐院の入口が現れる。ここには表門はなく、築地塀がコ字状に囲み、訪問者を参道に導いている。 戦国武将で熊本藩細川家初代となる細川忠興は、父細川藤孝の弟にあたる玉甫紹琮を開山として慶長7年(1602)高桐院を創建している。忠興の遺言により遺歯が高桐院に埋葬され、細川家の菩提寺となる。 大徳寺高桐院 左奥に表門が見える  細川忠興は永禄6年(1563年)第13代将軍足利義輝に仕える幕臣・細川藤孝の長男として京都で生まれる。永禄8年(1565)三好三人衆と松永久秀らの軍勢によって足利義輝が二条御所で討死すると、藤孝や明智光秀… ►続きを読む

 

大徳寺 大仙院

 

大徳寺 大仙院(だいせんいん) 2008年05月19日訪問 大徳寺大仙院 表門  瑞峯院を出て、興臨院の前を通り、勅使門の横に出る。そのまま山門、仏殿、法堂そして本坊の西側を北に向かい進むと、正面に芳春院、右に大仙院と真珠庵が並ぶ。大仙院は常時公開している塔頭ではあるが、写真撮影不可である。そのため庫裏に入るところまでしか記録が残っていない。一番最初に大仙院を訪れたのは中学校の修学旅行の時であったように記憶している。前の住職である尾関宗園氏が昭和40年(1965)に33歳で大仙院12世住職・桃林宗園禅師となった頃のことである。ともかく大きな声で叱られる様に感じるほどの講話を頂いたことは鮮明に記憶している。あまりにも強烈な印象は残ったが、どのような内容のお話しであったかは全く覚えていない。今改… ►続きを読む

 

大徳寺 瑞峯院

 

大徳寺 瑞峯院(ずいほういん) 2008年05月19日訪問 大徳寺瑞峯院 方丈南庭 独坐庭 玄関側から眺める  興臨院を出て、南隣の瑞峯院を訪れる。瑞峯院は常時公開されている4つの塔頭のひとつである。 瑞峯院は大友宗麟が帰依していた大徳寺91世徹岫宗九を開祖に迎え、自らの菩提寺として創建している。瑞峯院という寺号は宗麟の法名・瑞峯院殿瑞峯宗麟居士から名付けられたもの。 大徳寺瑞峯院 表門 大徳寺瑞峯院 庫裏の花頭窓が見える  大友宗麟は大友氏第21代、豊後の戦国大名でキリシタン大名として有名である。享禄3年(1530)大友義鑑の嫡男・義鎮として生まれる。天文19年(1550)義鑑が異母弟の塩市丸に家督を譲ろうと画策すると、これを察した義鎮派重臣が二階崩れの変を起こす。塩市丸と生母は死亡、重症を… ►続きを読む

 

大徳寺 興臨院

 

大徳寺 興臨院(こうりんいん) 2008年05月19日訪問 大徳寺興臨院 方丈南庭  龍源院を出て、勅使門まで戻ると興臨院の表門が左手に見えてくる。興臨院は通常非公開寺院であるが、春と秋に特別公開が行われるので、丁度訪問した時が幸運にも春の特別公開日に入っていたのだろう。 大徳寺興臨院 平唐門の表門 大徳寺興臨院 方丈玄関を眺める  興臨院は大永年間(1521~1528)あるいは天文年間(1521~1533)に、能登の守護・畠山義総が、自らの法名・興臨院殿伝翁徳胤大居士を寺号として建立している。 畠山義総は能登畠山氏の第7代当主で、能登畠山氏の全盛期を創出した名君として知られる。延徳3年(1491)能登畠山氏の第5代当主・畠山慶致の子として生まれる。祖父であり第3代当主であった畠山義統が明応6… ►続きを読む

 

大徳寺 龍源院

 

大徳寺 龍源院(りゅうげんいん) 2008年05月19日訪問 大徳寺 龍源院 龍吟庭  大徳寺の本坊は非公開であるので、勅使門、山門、仏殿、法堂を見終わると、次は公開されている塔頭に入ることとなる。龍源院は、北大路通から勅使門に向って参道を進んで行った先の左手に位置している。 龍源院は文亀2年(1502)能登の畠山義元、周防の大内義興、豊後の大友義親の三氏によって創建されている。開祖は大徳寺72世住持の東溪宗牧で大徳寺南派の本庵となっている。いわゆる大徳寺四法脈とされている龍源派、大仙派、龍泉派、真珠派であるが、その中でも大仙院を北派の本庵、そして龍源院を南派の本庵としている。茶の湯の楽しみ に掲載している 大徳寺 世譜を眺めると、70世の陽峯宗韶が龍泉派祖、72世の東溪宗牧が龍源派、そして7… ►続きを読む

 

大徳寺

 

臨済宗大徳寺派大本山 龍宝山 大徳寺(だいとくじ) 2008年05月19日訪問 大徳寺 勅使門  若宮神社の楼門から銀杏並木の今宮門前通を南に下る。市立紫野高校の角で小堀遠州が開設した孤篷庵から東に延びる道に交差する。この道を左に入ると広大な大徳寺の境内に入っていく。今も孤篷庵の周辺には、寸松庵・梅巌庵趾の碑、大光院趾・瑞源院趾の碑、金龍院趾の碑が建つ。これらの碑からも、現在は大徳寺の境内から離れて建つ孤篷庵も東西に広がる大徳寺の境内にあったことが分かる。 大徳寺 今宮門前通沿いの塀と龍翔寺の竹林  大徳寺は臨済宗大徳寺派大本山で山号は龍宝山。開基は正中2年(1325)大燈国師宗峰妙超である。臨済宗の大寺院の歴史を見ると、まず建仁寺が建仁2年(1202)日本に臨済宗を伝えた栄西によって創建さ… ►続きを読む

 

今宮神社

 

今宮神社(いまみやじんじゃ) 2008年05月19日訪問 今宮神社 本殿と疫社  正伝寺を出て、再び神光院前の停留所へ戻る。西賀茂の公共交通での移動は、市営バスと京都バスに頼るほか無い。京都バスの高野車庫―市原は本数も少ないため、時間が合わない限り使用できないことを考えると、神光院前の停留所から市営バス1、9、37号などに乗車することとなる。そのため西賀茂の社寺を巡るためには、神光院を中心にして徒歩で廻るしかない。今回は神光院前から、市営バス1号に乗車し南に下る。6つ先の佛教大学前停留所で下車し、今宮通を東に進むと北側に今宮神社の楼門が現れる。 今宮神社 楼門 今宮神社 拝殿 今宮神社 拝殿と本殿 今宮神社 拝殿側から楼門を眺める  今宮神社は旧社格では府社で、その祭神は大己貴命、事代主命、奇稲田… ►続きを読む

 

正伝寺

 

臨済宗南禅寺派 吉祥山 正伝護国禅寺(しょうでんごこくぜんじ) 2008年05月19日訪問 正伝寺 庭園  山を背にして建つ法雲寺を見上げながら、道を進むと正伝寺の駐車場と山門が現れる。  正伝寺は、臨済宗南禅寺派で諸山の格式を持つ寺院で、山号は吉祥山、正式な寺号は正伝護国禅寺という。北条時宗が鎌倉幕府執権になる文永5年(1268)鎌倉の建長寺で学んだ東巌慧安が、師である兀庵普寧を開山として烏丸今出川に正伝寺を創建している。 慧安は、嘉禄元年(1225)播磨国に生まれ、播磨の書写山圓教寺で出家受戒し、天台教学を学ぶ。泉涌寺で学んだ後、正嘉元年(1257)中国の宋へ渡るため博多へ下ったが、悟空敬念に出会い渡宋を中止し、臨済宗に改宗している。その後、建長寺で宋よりきた兀庵普寧に参禅し、その法を嗣… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿

  • 梅宮社
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 蛍岩
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鉄輪掛石
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 足酒石
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鬼一法眼之古跡
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 石寄大明神
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 梶取社
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
    梶取社(かじとりしゃ) 2010年9月18日訪問梶取社貴船神社一の鳥居と梶取橋鞍馬街道(府道38号 […]
  • 貴船
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鞍馬
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • ブログの引越しについて
    In 201001、京都洛中、徘徊の記憶
    ブログの引越しについて(ぶろぐのひっこしについて)徘徊の記憶│Haikai no […]