文書と写真・地図による「記憶」の再現

アーカイブ:2009年 5月 24日

洛翠

 

洛翠(らくすい) 2008/05/12訪問 洛翠 庭園  瓢亭より無鄰菴の長い塀伝いに歩き、再び仁王門通と白川通の交わる南禅寺前交差点に出る。そのまま白川通を200メートルくらい北上すると小さいながらも雅な印象をうける門が現れる。黒い門扉に金の菊紋の錺金具が施され、瓦葺の屋根はかなり棟を絞った形になっているため、実際よりもかなり小ぶりに見えるように作られている。駒札によりこれが洛翠の不明門であり、伏見城の遺構と伝えられていることが分かる。屋根の形状に少し硬さを感じるが、確かに桃山時代の華やかさが伝わる門である。もし伏見城の遺構ならば、1600年からの300年間の来歴が必要となるがそれは明記されていない。白川通沿いに設けられた門であるため離れて撮影できる状況ではなかった。洛翠の入口はさらに北に… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2009年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿