徘徊の旅の中で巡り合った名所や史跡などの「場所」を文書と写真と地図を使って保存するブログ

炭屋旅館 その2



炭屋旅館(すみやりょかん) 2008/05/14訪問

画像
炭屋旅館 安宅 次の間から客室ドアを眺める

 本日泊まった部屋は「安宅の間」、能の安宅から名付けられた客室である。玄関から客室をつなぐ廊下を進むと中庭が現れる。さらに進むと照明も明るく、新しく作られた部分に入る。安宅の間はこの増築部分の1階にある。

画像
炭屋旅館 安宅 客室ドア
画像
炭屋旅館 安宅
画像
炭屋旅館 安宅

 部屋の開き戸を開けると、板の間の踏込みがある。正面の壁に和風の照明器具が設けられ、比較的明るい。天井は部屋内方向へ渡された丸材の竿縁天井となっている。さらに細い角材を横方向にも流しているため、狭い空間ではあるが密度を高めている。

画像
炭屋旅館 安宅 次の間
画像
炭屋旅館 安宅

 次の間は踏込みを入って左手にある。上がり框の先には衝立が置かれ、その先には主室への襖が見える。襖の右上方には小さな障子の引き戸が入れられている。これは次の間から主室の灯りが点いているか確認できるように付けられているのだと思う。また引き戸としているので換気にも使用しているのかもしれない。次の間は3畳と板間の広さとなっている。板間の先は小壁となり、裏に置かれた冷蔵庫とその上部の座布団を入れる収納を隠している。ちなみに食事の際に冷酒をお願いしたら、この冷蔵庫から出してきた。天井は煤竹を使った竿縁天井となっている。

画像
炭屋旅館 安宅 冷蔵庫
画像
炭屋旅館 安宅 冷蔵庫上部の収納には座布団が入っている
画像
炭屋旅館 安宅 冷蔵庫上にはグラス
画像
炭屋旅館 安宅 冷蔵庫の中

 次の間の右手側、すなわち踏込みの裏側には、洗面所、便所、浴室への入口がある。正面に便所、左手に洗面所と脱衣場そしてその奥に浴室が配置され、板敷きとなっている。便所は新しい洗浄器付の便器とともに、高齢者用の手摺が取り付けられている。消臭用に匂い袋が置かれていた。後で女将に伺うと石黒香舗と懇意にしており、それを使われていることだった。

画像
炭屋旅館 安宅 正面は便所の戸
画像
炭屋旅館 安宅 便所
画像
炭屋旅館 安宅 便所

 便所の左手を入ると正面に洗面台、右に脱衣籠とドライヤーなどが置かれた棚、左手に浴室へつながる戸がある。床は便所と同じく板敷き、天井は竹小舞を竹割竿縁で押さえ、非常に繊細な印象を与える仕上げとなっている。洗面台は木のフレームの中にタイルを貼った仕上げとなっているため、既製品の洗面台を置いたものよりこの客室のイメージに馴染んでいる。この洗面台の前面に手摺が取り付けられている。籐のスツールと屑篭が洗面台の下に置かれている。

画像
炭屋旅館 安宅 洗面台
画像
炭屋旅館 安宅 洗面台
画像
炭屋旅館 安宅 洗面台
画像
炭屋旅館 安宅 洗面台下に籐のスツール
画像
炭屋旅館 安宅 洗面台の右手に脱衣籠
画像
炭屋旅館 安宅 脱衣籠の上の収納
画像
炭屋旅館 安宅 洗面所の天井

 浴室の扉は既製の住宅用サッシュを使用している。メンテナンス的にはこれが最善と思われるが、どうにかならなかったのか?壁は腰から下は床と同じタイル貼り、その上は板張り。天井はパネル状になっているのでバスリブのようにも見える。湯船は槙あるいは桧を使っていると思われる。腰壁の上に作られた窓は外を覗くと言うよりは、換気のためのものである。こちらにも当然、手摺が取り付けられている。

画像
炭屋旅館 安宅 浴室の戸 普通の住宅用サッシュ
画像
炭屋旅館 安宅 浴室
画像
炭屋旅館 安宅 浴室壁
画像
炭屋旅館 安宅 浴室の窓
画像
炭屋旅館 安宅 浴室の風呂桶

画像
炭屋旅館 安宅 浴室の天井

「炭屋旅館 その2」 の地図


大きな地図



炭屋旅館 その2 のMarker List

No. 名称 緯度 経度
 炭屋旅館 35.0082 135.7658

「炭屋旅館 その2」 の記事

「炭屋旅館 その2」 に関連する記事

「炭屋旅館 その2」 周辺のスポット

    

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

サイト ナビゲーション

過去の記事

投稿カレンダー

2009年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー