文書と写真・地図による「記憶」の再現

アーカイブ:2014年 11月

京都御苑 桜町 その2

 

京都御苑 桜町(きょうとぎょえん さくらまち)その2 2010年1月17日訪問 京都御苑 桜町 紀氏遺蹟碑 2014年10月8日撮影  京都御苑 桜町では、いくつかの地誌から、紀貫之邸は中御門北、万里小路東の左京一条四坊十二町、あるいは勘解由小路北、富小路東の左京一条四坊十四町にあったと考えられてきた。ここでは、紀氏遺蹟碑が残る仙洞御所の阿古瀬淵と紀貫之との関係についてみてゆく。 紀氏遺蹟碑の建つ仙洞御所の地には、かつて豊臣秀吉の京都新城があったと考えられている。聚楽第破却後の豊臣家の京における拠点として、慶長2年(1597)4月末から京都新城の建設が始まっている。既に、京都御所 その3、高台寺 その3でも書いた通りである。その位置は「言経卿記」(「大日本古記録 言経卿記 7」(東京大学史料編… ►続きを読む

 

京都御苑 桜町

 

京都御苑 桜町(きょうとぎょえん さくらまち) 2010年1月17日訪問 京都御苑 桜町  博覧会場跡の駒札のある富小路広場に紀貫之邸跡を説明する駒札も建てられている。 京都御苑 その他の邸宅 その3でも記したように、平安京左京一条四坊十二町にあたる。この地に平安時代前期の歌人・紀貫之の邸宅が所在したことは「拾芥抄」の下記の記述に従っている。 桜町 同(中御門北)万里小路東 南庭多桜樹故号 歌仙貫之之家  貫之が南庭に桜樹を多く植えたことから、この名が付いたとしている。駒札の説明では、源氏物語の末摘花の邸宅、桐壺帝の麗景殿女御とその妹花散里の暮らしていた中川邸、源氏が空蝉と出会った紀伊守中川家がこの付近を想定して描かれたとしている。  ただし紀貫之邸については、鴨長明の「無名抄」の貫之家 ある人… ►続きを読む

 

京都御苑 博覧会場跡 その2

 

京都御苑 博覧会場跡(きょうとぎょえん はくらんかいじょうあと)その2 2010年1月17日訪問 京都御苑 博覧会場跡地  明治14年(1881)の第十回からは現在の富小路広場で常設博覧会場として行われた。これは大宮御所が取り壊されることとなり、新たな会場を用意しなければならなかったためである。 「京都区分一覧之図、改正、附リ山城八郡丹波三郡」は明治9年(1876)の状況を現わした地図でまだ公家町が残っている。大内保存事業は明治10年(1877)に行われた明治天皇大和国並京都行幸以降の事である。明治18年(1885)の「明治新刻京都区組分細図」には既に博覧会場が描かれている。ただし明治25年(1892)の「京都」の方が建物の大きさや屋根形状などは実際に近いだろう。フィールド・ミュージアム京都… ►続きを読む

 

京都御苑 博覧会場跡

 

京都御苑 博覧会場跡(きょうとぎょえん はくらんかいじょうあと) 2010年1月17日訪問 京都御苑 博覧会場跡地  富小路口から京都御苑に入った先に、大きく開けた富小路広場が広がる。この広場内に博覧会跡の駒札が建つ。  明治時代に入り新しい国家を支えるためには、人材と共に国家の基盤となりうる産業自体を育成していかなければならなかった。東京奠都後、特に経済的な退廃を強く感じていた京都府にとって、産業育成は特に重要な課題となっていた。そのため京都府における勧業政策の展開は、他の都市や地域と比べても早く、より積極的なものであった。後に第2代京都府知事となる槇村正直は、明治元年(1868)より京都府に出仕している。初代知事・長谷信篤を補佐し、京都の勧業政策を推進してきた。明治2年(1869)日本で… ►続きを読む

 

京都御苑 出水の小川 その3

 

京都御苑 出水の小川(きょうとぎょえん でみずのおがわ)その3 2010年1月17日訪問 京都御苑 出水の小川 2014年10月8日撮影  京都御苑 出水の小川では御所水道敷設について、京都御苑 出水の小川 その2では平安京造営以降の東北部の水環境と禁裏御用水の成立までを書いた。ここでは第一疎水の完成によって禁裏御用水がどのように変わったかについて書くこととする。 東京極大路の外側を南北に流れる中河の姿は源氏物語にも現われる。しかし平安時代後期から末期にかけて、中河は流れを失っていたと考えられている。そして流れを再現するため、東洞院川を北小路と一条大路の2箇所で旧中河に結び付けたのが今出川であり、この工事は鎌倉時代になってから行われたと思われる。今出川の流路は中古京師内外地図でも見られるので、… ►続きを読む

 

京都御苑 出水の小川 その2

 

京都御苑 出水の小川(きょうとぎょえん でみずのおがわ)その2 2010年1月17日訪問 京都御苑 出水の小川  京都御苑 出水の小川では本願寺水道など話しが少し横道に逸れてしまった。そのため御所の防災対策については説明できたものの御用水について触れることができなかった。ここでは御所水道敷設以前の御所で使用する水をどのように確保してきたかについて書いてゆく。 現在の京都御所の元となった土御門東洞院殿は、権大納言藤原邦綱の邸宅で平安京北辺四坊二町に所在した。もともと邦綱は藤原北家良門流に属する下級官人の出であった。文章生から蔵人になる一方で、藤原忠通の家司として頭角を現わし、和泉、越後、伊予、播磨の受領を歴任する。この間に財を蓄えることに成功し、これを資本にして昇進して行く。永万元年(1165… ►続きを読む

 

京都御苑 出水の小川

 

京都御苑 出水の小川(きょうとぎょえん でみずのおがわ) 2010年1月17日訪問 京都御苑 出水の小川  出水口より京都御苑に入ると右手にせせらぎが見える。傍らに立つ駒札には出水の小川と記されている。明治時代に御所の防火用水を確保するため、琵琶湖疏水を使用した御所水道が作られている。出水の小川は1981年に御所廻りの御溝水から導水して作られたせせらぎである。しかし1992年の御所水道が停止したため、井戸からくみ上げた地下水を循環ろ過して使用しているという。この情報だけではよく分からないので、御所で使われる水について少し調べてみる。 京都御苑 出水の小川  先ず、御所水道について触れる前に、同じく疎水を使用して先行して作られた本願寺水道を見て行く。既に渉成園 その3で本願寺水道について記して… ►続きを読む

 

京都御苑 その他の邸宅 その4

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく)その4 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 その4 九條池と拾翠亭 左京二条四坊一町  京都御苑 その他の邸宅 その3に続き二条の北側の町の変遷を見て行く。  現在の京都御苑の西南角にあたり、閑院宮邸跡のある町。この町には近院あるいは石井と呼ばれる邸宅があった。「拾芥抄」には下記のように記されている。 石井  同(中御門南)東洞院東 重信公家内記井 中御門南 東洞院東     悪所云云 号院井云云近院  春日北烏丸東 号松殿 左大臣能有公家    今松殿或押四分一  ただし、拾芥抄の東京図では石井を「中御門南 東洞院西」に、その東に内記井を描いているため、本文の記述が誤っていると思われる。この近院は、もともと文徳天皇皇子で… ►続きを読む

 

京都御苑 その他の邸宅 その3

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく)その3 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 その3 桜町 左京一条四坊十二町  京都御苑 その他の邸宅 その2に続き左京一条四坊の変遷を見て行く。  藤原道長の妻・源倫子の鷹司殿の所在地。「延喜式 巻四十二(九絛家本)」の付図には「鷹司殿」、「拾芥抄」には、「鷹司殿 同(土御門南)万里小路東 従一位倫子家 或富小路」と記され、東京図にも「京極殿」の西側に「鷹司」とある。源倫子は非常に長命で天喜元年(1053)90歳で死去している。道長の死後、この邸宅で70歳の祝賀会を開いている。 京都御苑 その他の邸宅 その3 大宮御所 左京一条四坊九町  近江守藤原惟憲の邸宅が所在した地。陽明門大路(近衛大路)に面していたことから陽明門… ►続きを読む

 

京都御苑 その他の邸宅 その2

 

京都御苑 その他の邸宅(きょうとぎょえん そのたのていたく)その2 2010年1月17日訪問 京都御苑 その他の邸宅 その2 蛤御門 左京一条三坊十六町  京都御苑 その他の邸宅に続き左京一条三坊と四坊の町の変遷を見て行く。  平安時代後期、この町には藤原家成の邸宅があり三男の成親に伝領されている。藤原成親は安元3年(1177)に起きた鹿ケ谷の陰謀に連座し備前国に配流され、同年7月9日に食物を与えられず殺害されたとされている。この事件以後、邸宅は後白河法皇の所有するところとなり、左大臣藤原経宗が賜っている。 また「平安京提要」によると、崇徳上皇の御所として使われている。「兵範記」の久寿2年(1155)7月24日の条の「于時、宮中御門東洞門院太上天皇御同宿也」や同年12月1日の条の「今夕皇嘉門院… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2014年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿

  • 烏帽子岩
    In 201009、京都洛北、徘徊の記憶
  • 白石社
    In 201009、京都洛北、徘徊の記憶
  • 梅宮社
    In 201009、京都洛北、徘徊の記憶
  • 蛍岩
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鉄輪掛石
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 足酒石
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 鬼一法眼之古跡
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 石寄大明神
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
  • 梶取社
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶
    梶取社(かじとりしゃ) 2010年9月18日訪問梶取社貴船神社一の鳥居と梶取橋鞍馬街道(府道38号 […]
  • 貴船
    In 201001、京都洛北、徘徊の記憶