文書と写真・地図による「記憶」の再現

アーカイブ:2010年 2月 12日

熊野若王子神社

 

熊野若王子神社(くまのにゃくおうじじんじゃ) 2008年05月17日訪問 熊野若王子神社 本殿  疎水分線にかかる若王子橋を東に渡ると、細い水路が東西に走る。熊野若王子神社の境内はこの水路の北側にあり、2本の石橋が架かる。境内に入る石段の右手に御神木である梛の大木がある。梛の木は、古来より紀州熊野三山詣、伊勢神宮参拝などの折、ミソギの木として用いられた珍しい樹木である。樹齢についての記録はないが、400年以上と推測されている。なお梛の大木の傍らに架かる石橋は明暦2年(1656)7月吉良家よりの寄進とされている。この西側の鬱蒼とした木々の中の石橋を渡り境内に入る。 熊野若王子神社 境内への石橋 右端が御神木の梛の木 熊野若王子神社 境内への石橋  祭神は国常立神、伊弉冉尊、伊弉諸尊、天照大神。… ►続きを読む

 

サイト ナビゲーション

投稿カレンダー

2010年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

過去の記事

カテゴリー

最近の投稿